メンバーH.Kイメージ

自分たちの手で、会社を育てる喜び。

H.K / 2006年度入社

専門学校を卒業後、大手のIT企業へ入社。エンジニアとして数年間にわたって経験を積む。その後、当時同じ職場で働いていた林(現社長)から声をかけられ、林電子へ。現在はカード会社のシステム保守に従事する傍ら、自社の採用業務にも深く携わっている。

入社までの経緯を教えてください。

もともとは、現社長である林から誘いを受けたのがキッカケです。「一緒に会社を大きく育てていこう」と声を掛けてもらって。大企業の一員として働くのではなく、「小さな会社を大きく育てていく」というのもなかなか面白いんじゃないかと、転職を決めました。

なるほど。今はどんなシゴトをしていらっしゃるんですか?

現在はカード会社のシステム保守を担当しています。保守とはいっても、オペレーターのようなルーティンワークではなくて、要件定義・設計・テスト・本番リリースなど構築業務に近いイメージですね。

メンバーH.Kイメージ

このシゴトのやりがい・厳しさを教えてください。

厳しさに関しては、「スケジュール遅延時や障害時の対応」でしょうか。開発案件でも保守案件でも、通常時は定時までに良い品質で効率よく仕事を終わらせて帰る事を心掛けていますが、開発スケジュールに大きな遅延が発生した場合や、システムに大きな障害が起きた場合など、本当に忙しいときは終電近くまで残業することもありますからね。ただ個人的には、そういった忙しさの中から学べることも多いと思うんです。一生懸命仕事をすることで、自分のキャパシティは拡がりますし、スキルもその分スピーディに身についたりしますから。決して悪いことばかりでは無いと思いますよ。

何か印象に残ったエピソードなどありますか?

これだというエピソードはありません。日々の作業を前向きに、いかに効率的に工数をかけずに実施するか集中していますので。プロセス改善をしてチーム全体を導くように精進する日々です。これはちょっとした余談なんですが、とあるプロジェクトに入ってたときの話。夜遅くまで作業をしていたので、仮眠室のソファーで横になっていたんですよ。すると突然誰かに話しかけられて。寝ぼけてて対応できなかったのですが、あとで周りのメンバーに聞いたところ、誰も起こしてきていないと…。幽霊だったのか、単に寝ぼけていたのか…なんだったんですかね。すみません、本当にまったくシゴトに関係ないエピソードになってしまいました(笑)こんな感じのくだらない話しをホームページに載せちゃう明るい会社だと思ってください。(笑)

メンバーH.Kイメージ

最後に。ベテランのKさんから見た林電子の魅力って何でしょう?

あとは私がいうのも変ですが、林電子は進化し続ける会社だと思っています。私が入社した当時は数名だった社員も、10人、20人、30人。。。どんどん仲間が増え、今や40名以上の会社に成長しています。そうやって会社がどんどん成長していく過程をみんなで味わっていくことも魅力の一つと実感しています。数年先を見越した成長戦略を考えて実践していくことで「自分たちが会社を大きくしたんだ」と胸を張って言えるように努力していきたいと思っています。

他のインタビューを見る

  • N.T / 2015年度入社
  • Y.T / 2012年度入社