メンバーT.Tイメージ

新しいことを覚えるのが、何より楽しい!

T.T / 2012年度入社

文学部日本文学科出身。卒業後、大手IT企業で数年にわたり経験を積んだ後、法律事務所へ。その後、林電子へ。入社後は信販会社向けのインフラ運用・保守、Webシステムの基盤運用・保守などに携わる。現在は第二システム部の副主任として活躍中。

入社までの経緯を教えてください。

私の場合、すこし変わったキャリアの歩み方をしているのですが、新卒で大手のIT企業へ就職して、そのあと法律事務所に転職しているんです。1社目は大企業、2社目はこぢんまりとした法律事務所…ということで、業界も組織規模もガラリと変わりました。ただ「専門知識でお客様の課題を解決する」という点は変わらなくて。昔から、自分の持っている知識やスキルを生かして、人の悩みを解決する、というコトが好きだったんですよね。

林電子へ来たのは、2012年のことです。キッカケは、転職サイト経由でスカウトをいただいたこと。お誘いいただいたのもありますし、ちょうどIT業界が恋しくなっていたというのもあって、転職を決めました。

今はどんなシゴトをしているんですか?

入社後は信販会社向けのサーバ運用・保守をメインに、Webページの増設対応やメールサーバの保守、障害対応などを担当させてもらっています。

メンバーT.Tイメージ

シゴトのやりがいは何でしょうか?

特に私が担当している信販会社向けのシステムというのは、会員の方が決裁やキャッシングをするにあたって欠かすことのできないモノなんです。一度システムがストップしてしまうと、数百万人という方の生活に影響してしまいますし、お客様企業の株価や業績にもダイレクトに響いてくる。ですから、24時間365日、障害を起こすことなくノンストップで安定稼動させ続けることが求められるワケです。当然、何か問題が起きればすぐさま対応しなければなりません。そういった意味では、かなり責任も重いですし、プレッシャーも大きな仕事と言えると思います。

ただ責任が大きい分、やりがいが大きいというのも確かです。決してスポットライトが当たるような”目立つ仕事”ではありませんが、やはり私たちの仕事がなければ、数百万というユーザーの皆さんの「日常の当たり前」を守ることはできません。カゲながらそんな巨大システムを支えているという誇りこそが、何よりの原動力ですね。この仕事はどうしてもサービスインが近づくと忙しくなりがちなのですが、それでも奮い立って頑張ることができるのは、やはりそういったプライドがあるからなのだと思います。

メンバーT.Tイメージ

中途入社者だからこそ感じる、林電子の魅力を教えてください。

これは林電子ならではの取り組みだと思うのですが、「現場で働くエンジニアが、採用活動などにも深く携わっている」というのは面白いですね。というのも、林電子には人事や総務の専任担当者がいないんです。ですから、ほとんどのメンバーが会社運営に関する何らかのミッションを兼任している状態。もちろん、日々の業務と両輪で動かしていくというのは大変ではありますが、やはりアタマの使い方が違うということもあって良い刺激にはなりますね。「皆で会社を動かしている」実感も、これまでの会社に比べて2倍、3倍と大きいイメージです。こういった仕組みも、会社全体の一体感につながっているのかもしれません。

他のインタビューを見る

  • Y.T / 2012年度入社
  • N.S / 2014年度入社