100%で満足しているうちは、まだまだ半人前。

Y.T / 2012年度入社

電気科出身。卒業後は東北地方でFA機器の組込システム開発に従事。林電子へ転職後は、第一システム部きっての若手ルーキーとして、引き続き組込系の開発に携わる。

メンバーY.Tイメージ

入社までの経緯を教えてください。

前職では、東北でFAシステム関係の仕事をしていました。FAはファクトリーオートメーションのこと。工場で生産用に使われる機械やシステムですね。私が携わっていたのは、その機械に組み込まれる制御機器の開発です。

転職を考えるようになったのは、関東や関西といった他エリアのメーカーで働く方と一緒に仕事をさせていただく中で、漠然と「自分も、もっと外の世界を知りたい」と思い立ったのがキッカケ。そこで、何となくイロイロな企業のHPを見ていた中、偶然目についたのが、この林電子のHPだったんです。

一番印象的だったのは”機電一体”というポリシーを掲げていたところですね。「機械・電気のカベを乗り越えて、一体となってお客様の要望に応えていく」。これまで自然と”機電分業”のアタマになっていた自分にとっては、とても新鮮に写りました。

メンバーY.Tイメージ

今はどんなシゴトをしているんですか?

お客様との打ち合わせから、社内でのプログラム構築・画面作成、そして現場での最終調整・納品まで、一連の仕事すべてです。今でこそ何とか板についてきましたが、はじめは四苦八苦してましたよ…(笑)やはり前職とは勝手も違いましたからね。ベテランエンジニアの背中を見つつ、ワザを盗みつつ、どうにかウデを磨いてきた感じです。

このシゴトの面白さって、何でしょう。

例えば、全国の工場で同じシステムを導入するとしますよね。でも実際は、各現場によってオペレーターの思想や現場環境が異なってくる。これをいかに感じ取って、システムに落とし込んでいくかが、難しくもあり面白いポイントだと思います。

こればかりは社内にこもってプログラムを組んでいるだけでは、身につきません。たくさん場数を踏んで、先輩方の仕事を見て、身につけていく。一種の”職人芸”に近い部分が、また探求欲を掻き立てるんですよね。

メンバーY.Tイメージ

逆に厳しい・難しいと感じる場面はどこでしょう?

そうですね…ひとつは「100%の仕事をしても、そうカンタンには評価していただけない」ということでしょうか。というのも私たちが手がけているシステムというのは、「仕様どおりに動いて当たり前」「無事に稼動して当たり前」の世界なんです。だから、お客様が求めるモノを100%つくりきったとしても、それがすぐに「ありがとう」という言葉にはつながらない。120%、130%のモノを提供して、はじめて「よくここまでやってくれたね。ありがとう」という言葉をいただけるんです。

そういった背景もあって、日頃から120%のモノをつくるにはどうしたら良いかということばかり考えてますね。例えば、打ち合わせ時にお客様がふと放ったつぶやきだったり、会話の裏にある本心だったり。そういう所に隠れたヒントをつかみ、先回りしてシステムに落とし込んでいく。これが”当たる”とすごく喜んでいただけるんですよ。ここは今後も10年、20年掛けて研ぎ澄ませていく価値がある部分だと思います。

他のインタビューを見る

  • H.K / 2006年度入社
  • T.T / 2012年度入社