STAFF BLOG

林電子ではたらく現役メンバーによるブログ。 社内のリアルな日常をお届けします!

勉強会情報:社内システム構築 第1回

投稿者:(Div2)技術G

本社技術部より、1月15日に開催された勉強会情報をアップさせて頂きます。

IMG_5414
日時:2017年1月15日 10:00-15:00
場所:本社4階
内容:社内システム構築 第1回
講師担当:T次長
受講者:6名

 
社内システム構築シリーズの第一弾。
概要説明:
V3700システム更新
・更新障害問い合わせおよび障害対応
・DRIVE firmware更新
ネットワーク構築
・スイッチ設定用ソフト導入
・端末接続テスト
VIOS 導入
・自社PC からのHMC リモート接続設定
・VIOS 区画作成
・VIOS 区画へのVIOS 導入、初期ログイン
・HMC からのVIOS、VIOS 区画、サーバのシャットダウン手順確認
SAN SW
・FOS Webtoolsの動作環境導入(自社PC:NPC004)
・トランシーバー障害対応
・FOS firmware更新
・ゾーニングのテスト・動作確認

今期、購買したサーバーやディスク装置、SANスイッチを使用した社内システム構築の第一弾。

まずは、ファーム更新や基本ソフトウェアなどの導入を実施し、VIOSの導入、HMCとLPARとの結線、SANスイッチのゾーンニング設計、設定、などを行いました。

我々は、システム構築のプロフェッショナルですから、自社の研修用システム構築でも、
結線やゾーニングの種類、内容、構築後のプランなどを設計し、皆で数回の検討会議を開いた後に勉強会が開催されています。

若手は、自分が担当した宿題を調査、解決する為、何日も遅くまで調べていたものもいたようです。

仕組みを勉強していくとITの最前線で戦う気構えが生まれてきます。
技術部では、このような基本的な初期構築のレベルから、今後はNIMサーバーを構築しリモートからAIXのインストールが可能な構成を整える事から開始し、各種M/Wを使用したサーバーの構築など、各種勉強会の提供機会を増やし、レベルも初心者向けから、高いものまで揃えて行きたいと考えております。

弊社の勉強会はいよいよ盛り上がっています!!

新年のご挨拶

投稿者:ユウゴ社長

皆さま、明けましておめでとうございます。

旧年は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
本年度、弊社は創業39年を迎えます。創業以来、皆さまにご信頼を頂き、お引き立てを賜り深く感謝申し上げます。

今後も頂いたご信頼を損ねること無く、さらに技術力やセキュリティ意識の高い開発・保守体制、要員をご提供できるよう社員一同努力して参る所存です。

昨年に引き続き、弊社では能力が高く業務意識の高い技術者を育成する為に以下の施策を実施しています。
 ⓵資格取得奨励制度の整備、奨励
 ⓶ワークプレイスを含む情報セキュリティ規約の整備、定期的な社員教育の実施
 ⓷定期的な勉強会の開催
 ⓸社員専用の技術情報蓄積サイト構築、運営
 ⓹新人教育カリキュラムの整備、教育の実施
 ⓺参画させて頂いたお客様からのアンケート取得、フィードバック及びブラッシュアップ
 ⓻年間個人目標の設定と定期確認
 ⓼実績を踏まえた年度末表彰

なかでも本年度の特筆事項と言えば、研修施設の増設と言えると思います。
今期、弊社はS814とHMC,V5030,SANスイッチを購買させて頂きました。
これで弊社は、VIOSを含むサーバーの仮想化、ディスクの仮想化(V5030にはSVCと同機能が備わっています)から、NIM、PowerHA、WAS、Tivoli、TSMなど、インフラ基盤構築に関わるほぼ全ての構成を自社で再現可能になりました。

小さい弊社に取っては大きな買い物で、有益に使えるか心配をしていましたが、既に勉強会のアナウンスもされ、皆のやる気が溢れているのを感じます!!
年明けから、上記施設を使用し、精力的に勉強会を進めて参ります。

また、現在、弊社と共に成長をして頂けるパートナー会社様を募集する弊社サイトのページ作成ならびに、情報を共有させて頂くサイトを構築中です。今後、正式に開始の運びとなりましたらご案内をさせて頂きます。

弊社は、真のプロフェッショナルとして品質を何より重要視しています。
ご一緒にお仕事を頂けるパートナー会社様には参画候補の方を弊社サイトにご登録頂き、
弊社の技術員の面談や技術的なチェックもさせて頂き、最適な弊社チームでのお仕事をご提案させて頂く予定です。
また、参画中のお客様や弊社評価などもフィードバックさせて頂き、より品質の高い協業体制を目指してまいります。

福利厚生の充実の観点では、2017年1月1日より「関東ITソフトウェア健康保険組合」に加入をさせて頂きました。
昨年来、加入済みのRELOクラブを含め、今後もさらに福利厚生も充実して参ります。

今後、日本の労働人口は減少して参ります。
また、AIが進歩していくにつれて、インフラ基盤構築の分野ではレガシーSIと言われる旧来のSI構築は、少しづつ減少をするとも言われており、求められる仕事や労働環境は変化していく事も考えられます。

弊社が目指すところ、それは機電一体の精神をもった真のプロフェッショナル集団です。
真のプロフェッショナルな技術は、どの時代でも求められる。
弊社に求められる事は、よりセキュリティ意識や技術力が高くご信頼頂けるシステム開発・保守体制をご提供する事と考えております。
その為には、現在、実施している施策をより高度に昇華させる事が重要と考えております。
加えて、社員の満足度向上がお客様満足度の向上の近道と信じ、福利厚生の充実も引き続き実施して参ります。

本年度も弊社にご期待ください。

宜しくお願い致します。

忘年会-2016

投稿者:グルメ部長

こんにちは、グルメ部長です。

弊社の忘年会が2016年12月16日(金)に行われました!!

今年も業務多忙による社員の未参加が少なく、多くの社員が集まってくれました。

img_5345

昨年に引き続き、会場は「木曽路-南千住店」さんにお世話になりました。

社員はおいしい牛肉に舌鼓を打ち、普段会話の無い他部署の方々とも、多いに飲んで語らい交流を深めたと思います。

 
 

※木曽路-南千住店の皆さま、店長様にもご挨拶を頂き、皆さまに丁寧に対応を頂ましてお陰様で良い会になりました。ありがとうございました。

1年に一回、皆で集まり食事をする。
社員旅行もそうですが、こういうものは開催するまでは参加がおっくうですが、
実際に参加してみると、色々な人と仕事場では出来ない話が出来たりなど、社内全体の融和が図られ大変良い会になるなぁと思います。

さぁ、今年は忘年会も終わりました。

しかしながら、我々が構築、保守させて頂いているシステムに正月休みはありません。
※社内業務用のシステムは業務サービスは停止していますが、24時間サービスのシステムは稼働しています。

私も含め全社員、年末まで、そしてお正月休み中も気を引き締めて参ります。

皆さまも良いお年をお迎えください。

2016年社員旅行-北海道札幌

投稿者:(Div2)総務G

総務部より、本年度の社員旅行結果をアップさせて頂きます。

今年の行先は札幌!!2泊3日の旅となりました。

弊社の社員旅行は、夜ごはんだけは皆で集まり食べましょうという事が基本ルールになっていますが、その他は原則自由になっています。

初日は、移動日という事もあり、昼ご飯にラーメン、夜は豪華毛蟹コース料理でした!!
恐縮ですっ。ありがとうございますっ!!
img_5122

 

 

 

二日目は皆、思い思いのコースへ。
北海道出身のKさん、Iさんが幹事となって皆を案内してくれたコースでは、「旭山動物園」「美瑛の丘」「富良野」 などを回って帰ってきたようです。

会長参加のゴルフ組からは綺麗な写真を頂きました。
img_5127

 

 

 

※風が強かったらしくスコアは散々だったらしいですが、雄大な景色の中のプレーで大変楽しかったとの事です。

そして、二日目の夜はラムしゃぶ食べ放題!!
img_5130

 

 

 

いやー、お腹がはち切れんばかり食べてしまいました。

そして最終日は皆で小樽へ小旅行。小樽でのランチは美味しいお寿司♪♪img_5137

 

 

 

ルタオ※ルタオって小樽の反対の読み方って知ってました?
知らなかったのは私だけ?で美味しいお菓子に舌鼓img_5138

 

 

 

ここでしか食べれない生のドゥーブルフロマージュ!!

前回、社員旅行先の沖縄は、近くに飲み屋が多くなかったので、皆、海だ島だ水族館だと、
アクティビティな旅行だったのですが、今回の北海道旅行は札幌だったこともあり、
食い道楽の要素が強い旅行となりました。(私だけ?)

しかしながら、夜も普段飲まないメンバーと仲良く飲んで、札幌の町を闊歩して非常に楽しかったです。

お伺いしたホテルやお店の方々、本当にありがとうございました!!
次回は創業40周年になりますので、すごい事になる予感です。

勉強会情報:V3700①

投稿者:(Div2)技術G

本社技術部より、本日開催された勉強会情報をアップさせて頂きます。
日時:2016年09月03日 10:00-12:00
場所:本社4階
内容:V3700 第1回
講師担当:H部長
受講者:15名
IMG_5013

 

 

 

概要説明:
・本日の目標
・DAS、SAN、NAS
・FC-SAN,IP-SAN
・FCとWWPN
・ディスク装置の種類
・ホスト定義と領域定義
・実際に定義してみよう!!
【実習】
V3700の初期設定
RAID0,5のMdisk定義
プールの定義
ボリュームの定義(シンプロビショニング含む)
ホストの定義
ホスト側での認識
V3700の初期化

仮想化が進む基盤構築の世界では、サーバーの仮想化とディスクの仮想化は、
今後、極めていく必要がある技術です。

今回の研修では、DASなどの昔からの接続形態に加え、SANさらに仮想化の流れや
仮想化が求められる背景、必要な技術を説明しました。
さらに、必要な技術を踏まえた上で、V3700、5000、7000などの各機器の機能を把握する事で、なぜ、その機能が実装されるかを含めて勉強をしました。

次回以降、色々な研修をしていく予定です。

仕組みを勉強していくとITの最前線で戦う気構えが生まれてきます。
技術部では勉強会の提供機会を増やし、レベルも初心者向けから、高いものまで揃えて行きたいと考えております。
また、現在、弊社には、AIXが2台、Linuxが2台、V3700が1台、TS3100が1台の研修設備がありますが、今後はV5000やS814なども拡充し、さらに高度な研修や勉強会を実施して行きたいとかんがえています。

弊社の勉強会はいよいよ盛り上がっています!!