新しいことを覚えるのが、何より楽しい!

N.T / 2015年度入社

前職はインテリア雑貨の販売員。長く働けるイメージが持てなかったことから、技術系への転職を考えるように。以前、PC教室を通っていた経験もあったため、IT業界へ飛び込むことを決意。林電子に出会う。期待の女性ルーキー。

メンバーN.Tイメージ

入社までの経緯を教えてください。

ここへ来る前は、インテリア雑貨のお店でアルバイト店員として働いていました。そのまま社員へステップアップする道もあったのですが、どうしても10年後・20年後の将来像が見えてこなくて…。そこで、何か手に職をつけられる仕事をと思い、エンジニアの仕事を探しはじめたんです。もともとPC教室に通っていたこともあったりして、ITには興味があったので。

最終的に林電子へ入社を決めたキッカケは、面接でしたね。当時、面接官を担当していたIさん(H.I:インタビューはこちら)が、とてもフレンドリーに対応してくださったんです。システム会社というと、何となく”お堅い”イメージでしたが、Iさんと会ってガラッと変わりましたね。それで、「こういう先輩がいる会社なら頑張れそうだな」って。

メンバーN.Tイメージ

今はどんな仕事をされているんですか?

今はまだまだ勉強の真っ最中です。先輩が作ってくださったカリキュラムに沿って、イチから知識を覚えているような状態ですね。私の場合は監視チームに配属になったので、覚える内容もサーバの監視や運用といった内容が中心です。
勉強とはいっても、テキストを読んでるばかりじゃないんですよ。実際に監視サーバにログインして、コマンドを打ち込んでみたり、先輩と一緒に監視システムを通じて運用状況をチェックしてみたり。実践に近いカタチで勉強させていただくことも多いんです。

初めて実際にサーバへログインして、システムが動いている状態を生で見たときは、ちょっと感動しちゃいました。「実物ってこうなってるんだ…!」っていう。新しいモノ・コトに触れるのは、やっぱり面白いですね。

今後はどうなっていきたいですか?

まずはとにかく早く一人前になれるよう、知識とスキルを蓄えていきたいですね。そして、どこの現場でも通用する技術を身につけて、色々なプロジェクトで重宝されるようなエンジニアになれたらと思います。

メンバーN.Tイメージ

Tさんから見た「林電子の魅力」は何でしょう?

一つは、先輩方の面倒見が良いこと。IT業界未経験で右も左もわからずに飛び込んできた私に、とても丁寧に教えてくださったんです。中途入社というと、「気合で頑張れ」みたいなスタンスで受け入れる会社も多いって聞きますから、その点は本当に良かったと思います。

もう一つは、評価制度が充実しているところ。高度な技術を習得した人や、高い売上を上げた人が評価されるというのは、よくありますよね。でも林電子はそれだけじゃありません。「当たり前のことを当たり前にやっているか」という部分も、評価してもらえるんです。例えば、毎週きちんと週報を提出するとか、毎日遅れずに出社するとか。そういった所でも、一時金が支給されたりします。基本的な部分でも、コンスタントに実行することで会社から認めてもらえる。個人的にも、すごく嬉しいポイントです。

他のインタビューを見る

  • H.I / 2013年度入社
  • H.K / 2006年度入社